魚群探知機の基本
[魚群探知機の基本]

魚群探知機とは?

魚群探知機とは?
魚群探知機は超音波を利用した魚センサー
魚群探知機(以下「魚探」)は超音波を受発信する振動子とデータを画像処理する本体およびディスプレイで構成されています。魚探は超音波の反射によって、水中の魚群の存在や量・種類などを分析することができます。

GPS機能付きで地図表示可能なタイプや、データ通信機能を持った装置も存在します。
またバスフィッシングやワカサギ釣りなど、レジャー向けでの利用も広がっています。


魚群探知機の原理
魚群探知機の原理は山びこと同じ
超音波振動子から発信された超音波は、水中の魚群や海底で反射され、再び振動子で受信されます。
魚探では超音波の発信から受信までの往復時間を距離に換算し、深度(深さ)として表示します。

音波は水中では1秒間に1500mの速さで進みます。
浅い場所では戻ってくる時間が速く、深い場所では遅くなります。たとえば真下に向けて超音波を発射し、戻ってくるまでの時間が1秒かかったとすると、底へ届くまでに0.5秒、底から戻ってくるのに0.5秒かかったことになり、音波が0.5秒で進む距離、750mが水深となります。

魚探の原理

また、反射波の強弱により、魚群の大きさや密度、あるいは海底の形状や底質を画像に色別で表示します。
例えば
・魚群の密度が高いほど、魚群からの反射波が強い
・魚群が大きいほど、広範囲から反射波が返ってくる
・岩場など底質が固い(ハードボトム)ほど、海底からの反射波が強い
といった具合です。
ただし、深度によって超音波の減衰量や探知領域が変わるため、反射波強度と深度とを総合的に判断して情報処理を行うことが必要です。

 list1 画面の見方について
 list1 周波数・出力について

画面の見方

魚群探知機が見ているのは船の真下
魚探の画面は、画面右端が船(振動子)の真下となり、超音波を発信するたびに1ラインずつ画面右端に表示し、直前の表示画面を左方向に移動することによって画面が構成されます。
したがって、画面の右端の1ラインの反応以外はすべて過去(船の後方)の画像になります。

画面1 


船の位置と画面の関係
魚探は一定の速度で移動しているほど正確な地形が表示されますが、船速と画面の動く速さは関係ありません。
また停船時にはまわりがどんな地形の変化をしていても、あたかも平らな場所であるかのように表示されます。
魚探を使い始めのころは、まっすぐゆっくりと操船しながら魚探の映像を見てイメージをつかむとよいでしょう。

画面2


魚はどのように表示されるのか
振動子から出される超音波は水中を円錐状に広がるため、真下と斜め方向では測定距離(時間)が異なります。
この性質ゆえに魚は画面上で【へ】の字の形で表示されることがあります。
※魚がいつでも振動子の真下にいるわけではないので、常に【へ】の字で表示されるわけではありません。への字

また魚群の密度が濃いほど発信波は強く反射されるため、画像の色の強弱により魚群の密度を見分けることができます。ただし発信波幅は下方へいくほど広がるため、反射された超音波は逆に上に広がり、距離(深度)が大きいほど幅も広がっていきます。
“深いところにいる魚群ほど画面上では大きく表れる”ことを意識し、魚群の大きさと色の強弱によって判断します。

 list1 魚群探知機とは
 list1 周波数・出力について

周波数・出力

超音波の周波数・出力
広範囲探知の低周波、高精度探知の高周波
超音波は広がりながら進んでいきます。同じ面積の振動子を使用したとき、50kHz前後の低い周波数は超音波の広がりは大きくなり、広範囲に探知できます。

一方、200kHz前後の高い周波数は、超音波の広がりが小さくポイントの正確な位置を把握できます。
(ピンポイントでターゲットを探る400kHzという高周波の魚探もあります)
周波数は低いほど減衰が少ないため、深い場所では低周波を使い、浅い場所では高周波を使用するのが一般的です。

高周波と低周波を同時に表示できる魚探の場合、低周波には表示されたが高周波に表示されていなければ船の真下から離れたところに、両方ともに表示されて入れば真下に近いところに何かがあることが分かります。

周波数(低・高)

【低周波の特徴】
・広い指向角により、広範囲の探知が可能
・深い場所まで探知が可能
・固い底質を判断材料となる多重反射
 (振動子から発振された超音波が海底で反射し、再度水面と海底で反射してきた超音波の画像)が現れやすい
・ポイントの位置を正確につかむことが難しい

【高周波の特徴】
・狭い指向角により、正確な地形の把握が可能
・解像度が高く、小魚などの小さな反応も表示される
・深い場所まで探知が難しい


周波数・出力と探知能力の関係
周波数出力出力を大きくすれば反射音圧を高めることはできますが、低周波でなければ音波を深いところまで届かせることはできません。

例えば周波数200kHz・出力600Wを使っている人が、もっと深いところのデータが欲しいときは200kHzで出力を3kWにするよりも、出力は同じ600Wで周波数を50kHzにしたほうが効果的です。






《予備知識》 潮の流れ
潮の流れ画面に魚群が表示されているので、その真上に仕掛けを落とせば釣れると思いがちですが、実際は潮の向き・強さを計算せずに仕掛けを下ろすと仕掛けは魚の後方に下りたりします。仕掛けは潮上から下ろすのが基本です。

また魚探を使い始めたころは水中のごみやプランクトンの反応と魚との区別がなかなかつかない場合がありますが、反応映像はそれぞれ特徴を持っていますので、使っているうちに区別がつくようなります。


 list1 魚群探知機とは
 list1 画面の見方について
マリン事業部/HONDEX  
  • 本多電子の企業概念・方針
  • 採用情報
  • グループ会社:エコーテックのホームページを開きます