環境への取り組み

環境方針

基本理念

私たちは、社会の永続的な発展に貢献する独自技術として、未開発分野への超音波応用技術にチャレンジし、近未来志向の製品開発事業を通じて、自然環境保護と環境負荷低減を重視した環境活動を推進する。

行動指針

  1. 環境負荷低減のモノづくりを行います。
    1) 環境に配慮した製品を提供します。
    2) 環境負荷改善のために、経営ロス低減に努めます。
    3) 省エネ、省資源に努めます。

  2. 環境関連法規・条例等の順守はもとより、環境に関する教育や啓蒙活動を積極的に行い、CSR(企業の社会的責任)を推進します。

  3. 戦略的な環境目標を事業計画に組み込み、環境汚染の予防と環境マネジメントシステムの継続的改善に取り組みます。

  4. 豊橋市をはじめとする関係諸官庁・地域住民とのコミュニケーションに努め、地域社会との「調和」と「共生」を図ります。

2020年10月1日      
本多電子株式会社    
代表取締役社長 本多洋介

グリーン調達

私たちは、みずからの社会経済活動が、かけがえのない地球環境に大きな影響を与えていることから、「地球環境保全」が経営活動の最重要課題の一つであることを認識し、「自然環境保全と環境負荷を低減した環境にやさしい企業活動」を念頭に環境保全活動を行なっております。

また、EUのWEEE指令(※1)とRoHS指令(※2)を始めとして、製品に対する環境規制の強化や法規制化が行われ、地球環境対策や法遵守などの環境面において企業の社会的責任への要求が益々高まっています。
このような背景から、製品・サービスの提供を通じて環境負荷を低減させていくためには、生産に必要な原材料や資材に関わる環境関連物資の購入段階での適切な管理、環境負荷のより少ない代替品への転換などを進めることが極めて重要であると認識し、グリーン調達の推進に取り組んでおります。

現在、原材料、資材の調達において、環境への影響のより少ない物品を優先するとともに、有害化学物質の不使用や削減を目指したグリーン調達活動を実施しています。
お取引先様におかれましては、含有化学物質の調査や非含有保証書の提出をお願いする場合もありますが、環境関連法規への遵守のために、ご理解・ご協力をお願いいたします。

※1:WEEE指令
 電気・電子機器廃棄物に関する欧州指令
  [2012/19/EU]: 旧指令[2002/96/EC] を改正、2012年8月13日施行
※2:RoHS指令:
 電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する欧州指令
  [2011/65/EU]: 旧[2002/95/EC]を改正、2011年7月21日施行
 RoHS指令[2011/65/EU] 禁止6物質
  鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)  
 追加指令[2015/836/EU] 2019年7月22日から4物質が追加
  フタル酸ビス(DEHP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ジイソブチル(DIBP)

環境マネジメントシステムの適用範囲 (ISO14001認証範囲)

認証取得組織
本多電子株式会社 本社及び工場    
〒441-3193 愛知県豊橋市大岩町小山塚20番地
認証適用範囲
超音波機器(医療用、舶用、産業用、民生用)及び圧電セラミックスの
開発、設計、製造、販売及びサービス

PAGE TOP