本多電子を知る

入社前に気になる本多電子で働く人々やワークスタイル、本多電子が大切にするスピリットについて数字やキーワードで分かりやすくご紹介します。

数字とキーワードで見る本多電子

本多電子らしさを数字とキーワードで解説します。

  • 新卒・中途入社の割合

    (2021年1月現在)

    img_illust_shinsotu_tyuto_01-min

    80:20

  • 新卒・中途入社の割合

    (2021年1月現在)

    img_illust_shinsotu_tyuto_01-min

    80:20

  • 新卒・中途入社の割合

    (2021年1月現在)

    80:20

    img_illust_shinsotu_tyuto_01-min
  • 平均勤続年数

    (2021年1月現在)

    img_illust_heikinkinnzoku_01-min

    19.2

  • 平均勤続年数

    (2021年1月現在)

    img_illust_heikinkinnzoku_01-min

    19.2

  • 平均勤続年数

    (2021年1月現在)

    19.2

    img_illust_heikinkinnzoku_01-min

本多電子のテクノロジー

1956年の創業以来、超音波技術の先駆者として様々な分野での超音波技術の応用に挑戦し、培ってきた本多電子のテクノロジーについて数字とキーワードで分かりやすくご紹介します。

一寸法師の針を鍛える

本多電子は超音波技術を「針」に明るい未来を目指します。

img_recruit_strength_04-1科学館(一寸法師)

童話でおなじみの一寸法師。小さな体ながら大きな鬼に勝つことができました。なぜなら、小さくても鋭い「針」を持っていたからです。企業も同様で、中小企業であっても自分の体に見合った武器を持つことで大企業と同等の活躍ができます。当社においては、超音波技術が「針」であり、研究開発・産学交流・情報収集などによって「針」を鍛え上げ、皆様のお役に立ちたいと考えています。

たつのおとしごの精神

会社のトレードマークである「たつのおとしご」。日本では古来、漁民の間で”福の神”と言われてきました。魚群探知機の開発から始まった本多電子にとって海への想いは強く、会社の未来に福をもたらす守り神として、王冠をかぶり世界の王者を象徴する「たつのおとしご」が本多電子のトレードマークになっています。

img_recruit_strength_05

【込められている想い】
王冠:夢を追い、王者となれ
鼻:(戒めの意味で)慢心することの無い 謙虚な心
蝶ネクタイ:紳士・淑女たれ
突き出たお腹:ユーモアなしに発展なし

PAGE TOP