HM-2412/HM-2412C/HM-1630【超音波霧化ユニット】
[超音波霧化]

概要

超音波振動により発生する微細な霧は、様々な用途に利用されています。


霧化 超音波霧化ユニットは、自社製品組み込み用として開発された超音波霧化ユニットです。自社製品発売後、超音波霧化ユニットだけ供給して欲しいというご要望が非常に多く、1998年8月に超音波霧化ユニット単体での発売を開始いたしました。
近年、多くの施設が空調管理によって、室温が一定に保たれるようになりましたが、それによって部屋の中が乾燥するようになり、最近では室内の加湿の必要性がますます増えています。
また、大学における微粒化の実験や製造工程におけるピンポイントでの加湿、店頭で霧を使った演出など、液体を霧化することによる様々な差別化を行なった取り組みが増えています。


当社では、振動体の開発から製品の開発まで、お客様のご要望にあった対応を行っております。



特長

    細かな霧化粒子径(中心粒径約3μm)が得られます。
    霧化の実験などを簡単に行なうことが出来ます。

用途

    ・大学や研究室等での液体の微粒化
      ※ただし、水道水以外は保証対象外となります。HM-2141Cのみ次亜塩素酸水対応(濃度50ppm以下)
    ・加湿目的(室内の乾燥防止、静電予防、穀物などの水分保存)
     超音波霧化器(除菌、消臭、芳香などの液剤を入れて空気を快適に)
      ※液剤によっては霧化できません。ご利用前にご相談下さい。
     


仕様


型式 HM-2412HM-2412C HM-1630
公称発振周波数 2.4MHz 2.4MHz 1.6MHz
電源入力 DC24V DC24V AC48V 50/60Hz
消費電流 550mA 550mA 620mA
適正水位 20~30mm 40~50mm
霧化能力 180±50ml/h (22℃) 125±50ml/h (22℃) 575±125ml/h (25℃)
霧化粒子径 約3μm 約3μm 約4μm
水質 水道水
弱酸性次亜塩素酸水
(50ppm以下)
水道水
材質 振動板 SUS316L 特殊コーティング SUS316L
パッキン バイトン(黒) バイトン(黒) シリコーン(橙)
外形寸法
(WxDxHmm)
(突起部含まず)
振動子:42x30x11 発振回路基板:80x45x45
質量 振動子:20g 発振回路基板:60g
●使用温水範囲:5~50℃
●出力コード長:0.3m
※発振回路基板の放熱板を必ず冷却ファンで強制冷却してください。

ご使用に際して


ご使用に際して
      • 振動子は空焚き(水の無い状態で動作)すると瞬間で壊れます。また、空焚き防止用に必ずフロートスイッチ等を取り付けて下さい。動作確認をする時は、電源をつなぐ前に必ず水を入れてから行なって下さい。
      • 使用可能な液剤は、水道水(HM-2412Cは次亜塩素酸水50ppm以下)が使用可能です。それ以外の液剤は、振動子やパッキンを破損する場合がありますので、使用しないで下さい。
      • 水に雑菌が繁殖した状態で動作させるのは危険です。雑菌が繁殖する前に水を交換して下さい。
      • 振動子の振動面は非常にデリケートです。やわらかい綿棒でこまめに泡や汚れを掃除して下さい。
      • 霧化量は、水温・湿度・構造物により変化します。また、水温が下がりますと、霧化量は少なくなります。
      • 振動子コードは、延長や切断は行なわないで下さい。霧化量が減る場合があります
      • 必ず発振回路は振動子と接続してから電源を入れて下さい。発振回路が破損する恐れがあります。
      • スイッチ(リレー)を使用する時は両切りタイプにして下さい。
      • 振動子表面と水の間に電位差が生じないようにして下さい。
      • 回路(トランジスタ)保護の為、必ず冷却ファンで発振回路基板の放熱板を強制空冷して下さい。
      • 振動子は外付けタイプです。振動子本体を水没させないで下さい。
      • 製品に付属の図面を参照して水槽の外側に取付けてください。

HM-2412/HM-2412Cの電源に関して
    • 必ず入力電源DC24Vのプラス(+)側をGNDに落としてください。
    • 入力電源のマイナス(-)側には、過電流保護ヒューズ(1A)を入れて下さい。
    • 入力電源は、DC24Vの定格電圧を使用して下さい。
    • 霧化ユニットの電源は、マイナス駆動しているため、専用電源とし、他の機器と共有しないで下さい。

HM-1630の電源に関して
    • HM-1630の電源は、AC48Vをご利用下さい。
    • 安全の為、電源は商用電源から絶縁されたものをご使用下さい。
    • 発振回路にはヒューズが入っていますが、安全の為1Aのヒューズをご使用下さい。


産業機器事業部  
  • 本多電子の企業概念・方針
  • 採用情報
  • グループ会社:エコーテックのホームページを開きます