【海外発信サイト】あいちのモノづくり企業

ホームページはこちら

本多電子株式会社

1956年創業の超音波総合メーカー。世界初のトランジスタポータブル魚群探知機を発売して以来、超音波を熟知した高い技術力で、研究・開発・製造・販売を一貫して行っている。超音波機器の心臓部といえる圧電セラミックスまでも自社製造しているのは世界で唯一。独創性を大切にしたもの作りは、漁業、産業、医療から、環境、エネルギーなどの分野にまで幅広く展開。多方面で共同開発プロジェクトを進め、さらなる社会貢献を目指している。

この企業のWebカタログを見る


我が社の強み

超音波による無限の可能性を追求する世界唯一の超音波総合メーカー

本多電子は「超音波」にこだわり続けている研究開発型企業であり、世界唯一の超音波総合メーカーだ。1956年に世界初のトランジスタポータブル魚群探知機を発売して以来、常に超音波による新しい価値を実現してきたことが最大の強みとなっている。


超音波の特徴を多彩な分野で活用

研究開発から製造までを行う、世界唯一の超音波総合メーカーである私たちは、超音波の特徴をさまざまな分野で活用。魚群探知機を扱うマリン事業部、超音波を洗浄・加工・計測などに用いる産業機器事業部、医療診断装置を扱うメディカル事業部を柱に、さらなる飛躍を目指している。

企業ロゴ

世界初から始まった、魚群探知機のパイオニア

1956年、世界初のトランジスタポータブル魚群探知機を開発・発売し、注目を集めた本多電子。以来、世界で唯一、自社生産のセラミックス振動子を使った魚群探知機のHONDEXブランドとして、漁業からレジャーフィッシングまで幅広いニーズに対応した製品を研究・開発・製造・販売、国内外から高い評価をいただいている。

魚群探知機

超音波の技術を、産業や医療機器にも応用

超音波の技術を駆使することで、他社と差別化した製品を開発。産業機器事業部では、500件を超える要素技術をベースに製品化を実施。半導体の洗浄に使用する流水式洗浄機では高い認知度を誇る。また、メディカル事業部では、超音波診断装置の開発により、内科、産婦人科、循環器内科や、スポーツ医療分野などの診察で成果をあげている。

医療機器製品