技術開発の歴史
[会社案内]

昭和31年12月
世界初のトランジスタポータブル魚探を開発する
昭和32年 6月
新型円筒形振動子の開発に成功する
昭和34年 7月
超浅海用精密測深機を開発
昭和34年 9月
SCRによる高周波発振に成功、超音波発振機を完成する
昭和41年 4月
魚種判別魚探の特許取得、PAT No.469908
昭和44年 4月
京都大学工学部航空学科向けヘリコプタ用超音波対地高度計を開発、10メートル先の高圧電線の探知に成功
昭和46年 5月
社団法人日本鉄道技術協会、車両衝突予防装置開発委員会のワーキンググループのメンバーとなり、空中超音波装置全部の開発責任者となる
昭和49年 7月
世界初のカラー魚探“HE-12型”の開発に成功
昭和51年 2月
魚種判別魚探(PAT No.469908)シラスセレクター“HE-801”の開発に成功、販売を開始する
昭和54年 6月
セラミックス振動子の生産工場稼動
昭和59年 1月
カラー超音波顕微鏡の開発に成功する
昭和61年 1月
新技術事業団より医学生物学用超音波顕微鏡の研究開発を委託される
昭和62年 2月
世界初の小型液晶魚探「とれとれくん」が日経優秀製品賞の優秀賞受賞
平成 3年 2月
脱フロン型超音波洗浄機“「爆洗」W-338”の開発に成功
平成 6年11月
業界初のプレジャーボート向けの6インチカラー液晶GPSプロッター魚探“HE-6701GP”を開発
平成 8年 4月
超音波モーターの新型シリーズを発表する
平成10年 1月
バスフィッシング用魚探“NAMIKI PROシリーズ”を開発、販売を開始する
平成10年 6月
低価格な超音波空中レベル計の開発、販売を開始する
平成11年 5月
Windows対応の画像診断装置“HS-3000”を開発、販売を開始する
平成12年11月
超音波霧化分離技術による純米醸造法を開発。松浦酒造より“霧造り生”を発売する。
平成15年 2月
生体組織用超音波顕微鏡を開発。がん細胞の判別が短時間で可能となる。
平成18年 9月
強力超音波用無鉛圧電セラミックス(世界初・特許取得)を開発
平成23年 7月
円谷プロとコラボレーションし、ウルトラマンをキャラクターに採用した、ボトル回転型卓上超音波洗浄機を開発
平成24年10月
静電塗装のノズルに付着した塗料を高速洗浄する専用洗浄機”W-338BC”を開発

  • 本多電子の企業概念・方針
  • 採用情報
  • グループ会社:エコーテックのホームページを開きます