メディカル事業部ページ

HS-1500

超音波画像診断装置

「超音波エコー」軽々と移動できるポータブルタイプ!

HS-1500

価格
\1,575,000より(税抜価格\1,500,000より)

SYSTEM INFORMATION

軽量コンパクト

LCDモニターの採用で従来のポータブル機に対し1/3の設置スペース、1/2の重量(約6kg)になりました。院内でのベッドサイド移動もラクになり、往診に持っていくこともできます。専用バッテリ(オプション)を使えば電源コードを接続する手間が省けるばかりでなく、電源のない所でも使用できます。
HS-1500-2

電源不要 専用バッテリを使えば電源コードを接続する手間が省けるばかりでなく、今まで電源のない所で使用する場合に、遠くのコンセントから延長ケーブルを引っ張ってきた作業が必要なくなります。
バッテリ使用可能時間:1時間 
バッテリ充電時間:1時間
省スペース

画面サイズはそのままで、LCD採用とキーボードの簡略化により、従来品の1/3のスペースで設置できます。狭い院内でも設置スペースの悩みは解消します。

画像保存60枚 本体内に画像データ を60枚保存が出来るので、往診にプリンタは不要です。
多彩な高性能・高機能

保存した画像データはオプションのソフトでパソコンに転送可能です。

マルチ周波数プローブ対応 各種3周波プローブに対応していますので、1本のプローブで広範囲な診断ができます。また、10MHzの高周波プローブも使えます。
高輝度LCDモニター 高輝度LDCを採用しているので明るい所でも画像が見やすくなっています。
シネメモリ機能 フリーズ前の静止画を最大42枚呼び出せますので、フリーズのタイミングが遅れても再度取り直す必要がありません。
シネループ機能 シネメモリ画像を動画として連続再生できます。
スキャン角度変更機能 スキャン角度を狭くすることにより、肋間からの画像が鮮明になり、動きのある心臓などがリアルタイムに描出できます。また、シネメモリ数が増え、シネループによる動画描出時間が長くなります。


※HS-1500 承認番号:21600BZZ00338000
※仕様は予告なく変更することがあります。

→ HS-1500 カタログを見る

本装置は、日本国内向けの仕様となっております。